☆授業研究部の取組☆
 生徒指導の3機能を大切にした落ち着いた学級経営を基盤に、学習課題への見通しを持たせ、「分かった」「できた」が実感できる算数科の授業の創造を目指す。

授業研究会の様子

6月18日(木) 5年「小数÷小数」
 今年度1回目の授業研究会を行いました。コロナウイルス対策として、参観者を限定し、撮影した映像を使って事後の研究会は行うことにしました。
 子どもたちは、「どんな工夫をすれば、小数÷小数の計算ができるか」について自分で考えたりグループで話し合ったりしながら解決していきました。わり算は、わる数にも、わられる数にも同じ数をかけても答えは変わらないというきまりを使って10倍や100倍を使うと整数にできることを見つけていきました。
 学習のまとめでは、発展問題にも挑戦し、学習したことを確認しました。