校長挨拶

                平成29年度のスタートに当たって
            

  桜の名所である桜木丘の桜も蕾を膨らませ、美しい花を咲かせて迎えてくれる日が待たれます。3月には4名の卒業生が本校を巣立っていきましたが、本日の入学式で元気いっぱいの5名の新入生を迎え、全校児童49名で平成29年度をスタートしました。
 今年度は、加佐中学校区にとって「小中一貫教育研究モデル校」としての成果を発表する年度です。これまで培ってきた加佐地域の保小中の連携を基盤にして、更に連携を深める取組を積極的に行っていきます。

  【目指す子ども像】

   ふるさと加佐を愛し、夢・未来に向かって歩み続ける子ども

 ※ 豊かな自然と文化と温かな人間性に包まれたふるさと「加佐」を愛し、自分の「夢」に向かって
  努力を続ける子どもを育てていきます。

 【教育目標】 
 
    10年間を見通した確かな学力と豊かな人間性の育成  -保小中をつなぐ-

 ※ 保育園(年長組中心)1年間→小学校6年間→中学校3年間の10年間を連続した期間と考え
  て、一貫性のある学習指導や生徒指導を行います。また、小・中の教職員や児童・生徒が互い
  に交流を深め、協力して活動していきます。 

  今年度は「自分から動き出す児童の育成-国語科を通して学びへの信頼感を育む-」を研究
 テーマに掲げて取組を進めてまいります。学んだことを活用して考えたり表現したりし、児童が身
 に付けた力を実感できるような指導を目指します。【学びへの信頼感】

  また、互いの考えを伝え合う中で、自分の考えを広げたり深めたりすることができるような学習を
 目指します。【仲間との対話を通した学習】

    更に、身のまわりの事象、触れた言葉などから気付く感性、また感じたことを言葉に表現すること
 ができる力を身に付けさせます。【言語環境、多面的なものの見方】

 ※ 今年度も秋に「漢字検定」を実施します。                                 
                            
  
         
                                                          
                                                            
                                                                                                                                                             
Copyright(C) 舞鶴市立由良川小学校. All right reserved.