校長挨拶

                平成30年度のスタートに当たって
            

  4月のスタートは、例年にない温かさで、桜の名所である桜木丘の桜は、シダレザクラに続きソメイヨシノも一気に満開となりました。3月には10名の卒業生が由良川小学校を巣立っていきましたが、本日の入学式で元気いっぱいの13名の新入生を迎え、全校児童52名で平成30年度をスタートしました。

  【目指す子ども像】

   ふるさと加佐を愛し、夢・未来に向かって  歩み続ける子ども

 ※ 豊かな自然と文化と温かな人間性に包まれたふるさと「加佐」を愛し、自分の「夢」に向かって
  努力を続ける子どもを育てていきます。

 【教育目標】 
 
   10年間を見通した確かな学力と豊かな人間性の育成

 ※ 保育園(年長組中心)1年間→小学校6年間→中学校3年間の10年間を連続した期間と考え
  て、一貫性のある学習指導や生徒指導を行います。また、小・中の教職員や児童・生徒が互い
  に交流を深め、協力して活動していきます。

 

  平成30年度は「自分から動き出す児童の育成~学びを楽しみ「わかった」「できた」が実感できる算数科学習~」を研究テーマに掲げて取組を進めてまいります。平成26年度より国語科を重点教科として研究し、説明的な文章の指導を中心に読解力や伝え合う力の育成を図ってきましたが、その成果として児童一人一人がまず自分なりの考えを持って話すことができたり、相手の考えを自分の考えと比べながら聞き、自分の気付いたことを話し合うことができたりする児童が増えてきました。国語科で積み上げてきた自分なりの考えを持って話す力を算数科においてさらに伸ばし、筋道を立てて説明する力へとつなげていきたいと考えています。                             
                            
  
         
                                                          
                                                            
                                                                                                                                                             
Copyright(C) 舞鶴市立由良川小学校. All right reserved.